先生からの説明それはがんそしてステージ4

魔女たちの22時117キロあった体重がなんと1年でマイナス63キロのダイエットに成功した魔女が登場しました。
2009年12月8日放送の日本テレビ「魔女たちの22時」で当初ドラム缶と言われた方が行った画期的なダイエット方法とは?

魔女たちの22時で放送された画期的なダイエット方法とは?

誰もが想像もできないほどのギャップを持った一般女性たちを"魔女"と称し、毎週魔女たちの22時のスタジオに招き、女性の美に関するいろいろなジャンルのスペシャリストたちがそのギャップの謎をときあかす話題の情報バライティー「魔女たちの22時」。みなさんもご覧になられたことはありますか?

2009年12月8日に放送された「魔女たちの22時」で紹介された青木さんは身長164センチ、体重117キロの大型の女の子。
性格はとても明るく友人もたくさんいました。そんな性格だったため自分の体重に関してはそんなに気にしなかったとのことです。

青木さんの一日の接取カロリーは「5000キロカロリー」。久しぶりに実家に帰ると母親からは「まるでドラム缶じゃない」といわれる始末。
そんな母親からの言葉も気にしなかったのですが健康診断でお医者様からは「このままではあなた死にますよ」と言われ、 一度も考えたことがなかったダイエットに取り組む決意をしたそうです。

たった1年で63キロものダイエットに成功した秘密の方法とはどんなダイエット方法だったのでしょうか?

魔女が実践した驚きのダイエット方法とは?

当初運動なんてしたことがなった青木さん。まずは運動からと思い、マラソンから始めるがなんと早歩きを50メートル下だけで動けない状態になってしまったそうです。
運動もできない状態だった彼女が行った画期的なダイエット方法を簡単に紹介させていただきます。

彼女が目に付けたのはお子様用のお皿でした。
そしてまず彼女は1回の食事を、お皿の中に納まるだけの分量にしようと決意しました。
そしてお皿のスペースを有効に使ったのです。

  1. 初めは大きなスペースにご飯。中ぐらいのスペースにメインのおかず。そして小スペースに野菜を盛りつけました。それを約1週間つづけす。
  2. 1週間後今度は盛りつけの配置を変えたのです。それまで大のスペースに入っていたご飯は中くらいのスペースへ移し、白米から雑穀米へ。そしてメインのおかずは、野菜を中心として、一番大きなスペースへ。

こうして炭水化物を減らしたダイエット食へと変更しつづけ最終的には、ご飯を一番小さいスペースへと移動させ、残りの場所は野菜と魚をたっぷりにしました。低カロリーで高タンパク、健康的なメニューにシフトしていたったのです。

するとたった一か月で、マイナス6キロの減量に成功した彼女はウォーキングを開始しました。
こうして、お子様ランチプレートの食事と一日30分の運動を続け一年後にはなんと54キロマイナスという偉業を成し遂げたのです。

青木さんが実践された方法はこのサイトで紹介している方法、そして一般的にだれしもが知っている方法とあまり変わらないかもしれません。
強いてあげるならお子様用のお皿をうまく利用したということにあります。

「もっと簡単にそして確実に痩せる方法知りたい」というかはこのサイトで紹介しているダイエットマニュアルも是非参考にしてみてください。
「魔女たちの22時」でも紹介されなかった驚きのダイエット法が隠されていますよ。